テクニカルサービスメンテナンス情報サービス

EYELA 製品メンテナンス情報

エアーフィルターの清掃、お手入れについて


  凝縮器部分に空冷方式を採用している装置には、装置内にゴミや埃等の侵入を防ぐためのエアーフィルターが装備されています。
このエアーフィルターが目詰まりすると冷却能力が低下するとともに冷凍機の故障の原因にもなります。
エアーフィルターの目詰まり状態は周囲環境や、使用時間によって異なりますが定期的なエアーフィルター清掃をお願いいたします。

※詳しくはお手持ちの製品の取扱説明書「製品の清掃、お手入れ」の項をご参照ください。
 
エアーフィルター搭載機種
・冷却水循環装置
・低温恒温水槽
・恒温恒湿器
・照明付インキュベーター
・プログラム光安定性試験器
・温度勾配恒温器
・パーソナルフリーザー
・低温恒温器
・低温恒温水循環装置
・投込みクーラー
・冷却トラップ装置
・凍結乾燥機
・角型ドライチャンバー
・低温恒温チャンバー
・照明付環境試験器
●冷却水循環装置(CCA-1110型)のエアーフィルター
汚れたフィルター   清掃されたフィルター
例)冷却水循環装置(CCA-1110型)でのエアーフィルター清掃方法
1. 電源スイッチ(漏電ブレーカ)をOFFにし、電源プラグをコンセントから抜いてください。
2. 通風カバーのキーパー(黒色)を、両手で同時に押すと通風カバーのラッチのロックが解除され通風カバーが開きます。フィルターを取出してください。
3. フィルターを軽くたたいてゴミを除去してからよく水洗いをしてください。(汚れがひどいときは、中性洗剤で洗ってください)
4. 洗い終りましたらよく乾燥させてください。(熱をかけますと溶けますのでドライヤー等は絶対に使用しないでくだい)
5. 清掃したフィルターを通風カバーにセットし、カバーを閉めてください。通風カバーのキーパー(黒色)を両手で同時に押すとラッチがロックします。
注意

通風カバーの開閉用ラッチは引っ張ると壊れる恐れがあります。片側だけラッチがロックされている状態などの場合、引っ張らずにロックされている側を押して通風カバーを開いてください。



※通風カバーを開く際に、下方に力を加えないように注意してください。
注意

冷却フィンに素手で触れないこと。保守作業時に冷却フィンに素手で触れないでください。冷却フィンは鋭利なため手を切る恐れがあります。

エアーフィルターの汚れがひどい場合やフィルターを破損した場合は交換パーツをご用意しています。
CCA-1110型用フィルター 製品コード:185680
 
戻る
製品情報
製品をさがす
新製品情報
営業所一覧
営業所を探す
代理店一覧
代理店を探す
会社情報
会社概要
テクニカルサービス
アイラ テクニカル・サービス
サポート
カスタマーセンター
カタログのご請求
関連リンク EYELA(USA) EYELA(English) EYELA(CHINA)