蒸留、精製、純水製造装置

ロータリーエバポレーター

N-1300型


カタログ(PDF)
総合カタログ
純正パーツ
オプション(純正パーツ)
システム例1
システム例2
外寸法図(PDF)
N-1300E・V・S型

EYELACOAT®

ガラス器具の破損対策
ガラスの飛散を防止する
従来、「きつい」、「汚い」、「危険」といわれた合成などの研究環境は、最近の健康・安心・安全の観点から相当な改善が進んでいます。しかし、溶媒を多用する研究室ではガラス器具が必需品であることには変りがありません。そして、ガラスには破損がつきもの、特に減圧濃縮では細心の注意が必要です。
エバポレーターをはじめ研究室では多くのガラス器具が使用されています。ガラス器具は取落しによる破損だけでなく、見えない傷が原因で加圧や減圧時のストレスにより突然破損してしまう可能性があります。
ガラスの破損は、破損時のガラスの飛散、容器中の試料の飛沫による人体への損傷や、万一の火災の誘因にもなりかねません。そのため、ガラスの破損に対しては万全の対策を講じておく必要があります。
ガラスの飛散を抑える
ポリウレタン樹脂コーティング
EYELA COAT
アイラコートは耐熱ガラスの宿命てある破損による危険の回避のため、理化学ガラスにコーティング処理を施したものです。透明性に優れ、高温に耐えるのでアイラガラスシリーズやエバポレーター用などのガラスに適しています。樹脂は環境に優しいポリウレタンです。
従来の理化学ガラスの保護樹脂コーティングの問題点   アイラコートの特長
吸着性がない硬化性の皮膜でガラスと接着しているため大きな破壊強度で破損した場合、被膜が破損して破片が飛散してしまう可能性があります。 被膜は化学的物性に優れ、ガラス飛散の保護機能があり、破片の飛散を最小限に抑えます。
従来のコート材は塩ビ(PVO)などの使用が多く、ダイオキシンの発生や、可塑材の使用による環境負荷が大きくなります。 環境負荷の高い塩ビ(PVO)などではなく、環境に優しいポリウレタン樹脂を採用しています。
被膜が全体的に淡黄色を帯びていて透明感に劣り、内容物の確認がしずらくなっています。 透明度が高いので容器内の確認が容易です。
コート材の性能によって耐熱性、耐薬品性が決まり、使用条件が制限されました。 透明度が高いので容器内の確認が容易です。
※冷却器、受けフラスコ、アダプターは標準品として用意、試料フラスコ、トラップ球などはオプションで対応いたします。
環境に優しい
ポリウレタン樹脂コーティング

透明性、耐摩耗性、耐溶剤性、耐薬品性に優れた、環境にやさしい素材です。
柔軟性と強靭性を併せもつコーティング
エバポレーターのガラス部品(冷却器、受けフラスコ、アダプター、試料フラスコ、トラップ球)の万一の破損時でもガラスの飛散を防止します。
優れた透明度のコーティング
透明度が高く普通のガラス製品と同様の視認性があります。
洗浄が可能
洗浄には傷の付かない柔らかなスポンジなどをご使用ください。
超音波洗浄はご使用条件により変形・剥離する場合があります。
耐薬品性に優れたコーティング
下記耐薬品性の表をご参照ください。
物理試験
落下試験:ガラスの飛散防止効果あり
500mL〜1Lフラスコ:高さ50cmからの落下
300mL以下フラスコ:高さ80cmからの落下
超音波洗浄器によるコーティング破壊時間:185min
発振出力750W、5min/回でのデータです。
データ値は発振出力や洗浄器内にガラスを入れる状態によって変わります。
耐熱性 -80℃〜120℃
洗浄後の乾燥器での乾燥温度にご注意してください。
試料フラスコを使用する場合にはバス温度に注意してください。
複雑な形状のガラス器具も独自のコーティング技術によって圧膜の形成が可能です。
耐薬品性
10%硫酸 10%塩酸 10%酢酸 10%水酸化ナトリウム トルエン
O-キシレン 酢酸エチル シクロヘキサン アセトン アセトニトリル
トリクロロエチレン ジクロロエタン ニトロベンゼン クロロホルム DMF
◎:変化なし ○:極めて僅かな変化あり△:やや変化あり
※試験方法:ラビング試験(コーティング皮膜上に各薬品類を繰返し塗布。一定時間経過後変化を観察)

製品情報
製品をさがす
新製品情報
営業所一覧
営業所を探す
代理店一覧
代理店を探す
会社情報
会社概要
テクニカルサービス
アイラ テクニカル・サービス
サポート
カスタマーセンター
カタログのご請求
関連リンク EYELA(USA) EYELA(English) EYELA(CHINA)