チラーとは?
ラボや製造工程に欠かせない、EYELAのスタンダード!
https://ssl.eyela.co.jp/products/cca/cca_02.jpg
 チラーとは、低温熱媒体を循環させて目的の試料や装置(装置の一部)を冷却または加熱、温度制御する装置の総称です。
 おもに冷却することが多いことから【Chiller(chill=冷やす)】と呼ばれています。

 冷凍機やヒータを用いて液体を温度調節して循環させることで、ラボや製造工程で欠かせない装置として、厚い信頼をいただいております。
 
EYELAでは、冷水チラー(冷水循環装置温水循環装置として販売しています。
チラーのメリット
  確かな研究・製造のため、品質を安定させたい!
産業機器・計測機器・食品加工機器の装置などでは、温度を一定に保持するために、製品(工程)管理上での温度管理が重要です。水道水やクーリングタワーの水を使うのは、夏場と冬場で品質・性能が変わってきてしまう懸念があります。
夏場ã水温高いã冬場ã水温低い
そこでチラー!、一年を通して同一で均一な条件での温度管理を実現します。
  環境に配慮して節水するとともに、コストを削減したい!
チラーは内蔵タンクの冷却水を循環させるので、垂れ流ししない構造になっています。冷却水に水道水を使用している場合と、 EYELAのチラー(CA-1116A型、価格23,5000円、消費電力100V50Hz100%負荷時:約900Wh)を使用した場合を比較しました。
水道水で冷却した場合 EYELA製チラー  CA-1116A型で冷却した場合
水道水3L/minで冷却した場合
年間 上下水道料金
      約\260,000
年間 電気代料金
   約\28,000
EYELAチラーãCA-1116A型で冷却した場合
※ 1日8時間月20日稼働、流量3L/minで稼動
※ 東京都1001トン以上区分の上下水道料金で算定
※ 東京都50kW未満区分の夏季料金含む電気料金で算定
※ 2021年3月調査
やはりチラー!、ランニングコスト約1/9!チラー購入価格は約1年で償却
冷水チラーの種類
 チラーは、目的の試料または装置(装置の一部)から熱を奪い冷却します。
 奪った熱はチラー自身が
排熱を行なう必要があります。
 チラーの冷凍機は、2種類の排熱方法(
空冷式水冷式)がありそれぞれ選択ができます。
空冷式冷凍機 水冷式冷凍機
チラー内にファンモーターを内蔵しており、設置が簡単です。
排熱が発生するので、閉所では熱がこもってチラーの能力や寿命に影響が出るため、排気設備が必要になることがあります。
冷凍機用冷却水が必要になります。
冷却効率に優れていて、室内に排熱を発生させません。さらに冷却能力が安定します。
また、循環方式に関しても2種類の方式(開放系密閉系)があります。
チラーで温調された液体をどこに循環させるかによって、チラー内部の構造が変わります。
https://eyela-chiller.jp/chiller/about/img/index_im04.gif
密閉系循環方式
(密閉された熱交換器のような循環先)
例:お客様の装置、
ロータリーエバポレーター
https://eyela-chiller.jp/chiller/about/img/index_im05.gif
開放系循環方式
(お風呂の様な水槽)
例:お客様の装置、
水槽などバス型容器
チラー選定のポイント
EYELAは、冷水チラー(冷水循環装置)と温水循環装置の中から、空冷式と水冷式の2種。ニーズにより、低温用/低〜高温用/高温用と多種多様な機種をラインナップしております。温度・精度、冷却能力など基本的な5つのポイントをご検討の上、最適機種をお選びください。チラーの機能・仕様一覧こちら
ポイント1温度・精度    循環(設定)温度は何℃ですか?・温調精度は±何℃ですか?
ポイント2冷却能力       発熱量または必要な冷却能力はどの程度ですか?(何W?)
ポイント3循環方式       密閉系循環 それとも開放系循環ですか? (循環先は何?)
ポイント4循環能力       流量は何 L/min必要ですか?また、吐出圧(揚程は何m)
                                      は何MPa必要ですか?
ポイント5循環液の種類 循環液(ブライン)は何を使用しますか?
その他、空冷/水冷、設置スペース、配管、電源なども確認が必要です。
   基本ポイント以外にも多用な機能が選択できる機種もご用意しております。
循環液対応 純水、シリコンオイル系ブラインの循環。
高圧ポンプ 最大揚程20m以上の高揚程循環。
安全機能  温度異常、冷凍機オーバーロード、水位異常、圧力異常、流量異常などの
                   検知。
警報機能  上記の各種異常を警報として出力、状況に応じ装置停止や警告灯点灯など。
遠隔操作  チラーの運転開始-停止、循環ポンプのON-OFF、異常検知時の遠隔操作
                   など。
連続運転  24時間フル稼働など長時間の運転。
高精度温調 ±0.1℃〜±1℃程度の高精度な温調。
通信             ロータリーエバポレーターと通信で連動運転。
記録計出力   記録計への出力端子。
チラー製品で環境への取組み
EYELAは、冷水チラーに使うフロン冷媒を環境影響を配慮した冷媒への変換、低GWP地球温暖化指数を推進しております。その他、冷媒回収サービスなど、環境への影響を少なくする取組みを実施しております。詳しくはこちらをご覧ください。 https://ssl.eyela.co.jp/news/freon_2101/freon_2101.files/14038_image008.png
チラーの活用システム例
以下は一例ですが、総合カタログでは多様なニーズに合わせたシステムを紹介しております。詳しくは以下のシステム例画像をクリックしてください。
また、使用例の
一覧を紹介しています。
チラー専用ホームページの紹介
当社ではチラーについて詳しく説明し、当社製品との組み合わせ以外で、機種の選定に役立つ専用のホームページを用意しております。
製品情報
製品をさがす
新製品情報
営業所一覧
営業所を探す
代理店一覧
代理店を探す
会社情報
会社概要
テクニカルサービス
アイラ テクニカル・サービス
サポート
カスタマーセンター
カタログのご請求
関連リンク EYELA(USA) EYELA(English) EYELA(CHINA)
※表示の価格には消費税は含まれておりません。